超微細酸化ビスマスナノ粉末の防錆コーティングへの応用は、主に以下の点で現れます。
 
 

1. 超微細酸化ビスマスナノ粉末の調製とコーティングにおける放射線遮蔽性能に関する研究

 この研究では、超微細 酸化ビスマスナノパウダー 内壁コーティングでγ線を吸収します。実験結果では、40%超微粒子酸化ビスマスを水性配合物に添加すると、コーティングはγ線を吸収する能力が最も強くなり、全体的なパフォーマンスが最適に維持されることが実証されています。さらに、2%ナトリウムベースのベントナイトを添加すると、コーティングの懸濁特性が最適化されます。
 
 

2. 熱交換器用高温・耐腐食性熱伝導コーティングの研究

本研究では、有機シリコン改質ポリエステル樹脂を主樹脂として、窒化アルミニウム、窒化ホウ素、酸化ビスマスナノパウダーなどの高熱伝導性無機粒子を熱伝導フィラーとして用いて、高温や腐食に強い熱伝導コーティングを作製しました。このコーティングを熱交換器に適用すると、優れた熱伝導性を維持しながら耐腐食性が向上します。また、フィラーの熱伝導率が増加すると、コーティングの熱伝導率もそれに応じて増加することがわかりました。
 
 
 
要約すると、酸化ビスマスナノ粉末を防錆コーティングに適用する主な目的は、コーティングの放射線遮蔽性能、耐高温性、耐腐食性を高め、それによってコーティングの全体的な性能と適用範囲を向上させることです。