光電子材料分野における二酸化チタン粉末の応用は、主に以下の側面で現れます。
 
 

1. Bi酸化物系ガラスの応用

Bi 酸化物ベースのガラスは、高屈折率、赤外線透過率、非線形光学特性などの優れた光学特性を備えているため、光電子デバイスや光ファイバー伝送の材料として非常に魅力的です。これらの材料では、酸化ビスマスが添加剤として大量に使用されているため、酸化ビスマスの重要な応用方向となっています。
 
 

2. ビスマスオキシハロゲン化物(BiOX、X = Cl、Br、I、F)の応用

ビスマスオキシハライドは、新しいタイプの半導体光触媒材料です。TiO2 と比較して、そのユニークな層状構造と調整可能なバンドギャップ幅により、優れた光触媒性能を発揮します。ビスマスオキシハライドは、オプトエレクトロニクス、触媒、エネルギー貯蔵に大きな潜在的用途を持っています。
 
 

3. ビスマス系光電子材料の応用

ビスマス系光電子材料は広く研究され、化学センサーに応用されています。これらの材料は、独特の電子構造、結晶構造、優れた可視光応答性を備えており、化学センサーへの応用は近年大きな注目を集めています。
 
 
まとめると、オプトエレクトロニクス材料分野におけるビスマス酸化物粉末の主な用途には、オプトエレクトロニクスデバイスおよび光ファイバー伝送用のビスマス酸化物ベースのガラス、ビスマスオキシハライドの光触媒用途、および化学センサーにおけるビスマスベースのオプトエレクトロニクス材料の用途が含まれます。これらの用途分野は、現代の技術と産業におけるビスマス酸化物粉末の多様性と重要性を示しています。